アイドル・タレント

GACKT(ガクト)の英語力は本物だった!発音がネイティブ並みと話題に

ガクト, 英語力, 英語勉強法, 発音, Youtube


GACKT(ガクト)さんの英語力がすごいと話題になっています!

アーティストとして世界各国を飛び回っているGACKT(ガクト)さんは語学堪能で、英語と日本語の他に、フランス語・中国語・韓国語と5か国語を話せます。

しかも、GACKT(ガクト)さんが英語力を身に付けたのは、ほぼ独学というのですから驚きですよね…!

アサ子
アサ子
GACKT(ガクト)さんはどのようにして英語力を身に付けたのでしょう?

今日は、GACKT(ガクト)さんの英語力に注目したいと思います!



GACKT(ガクト)の英語力がすごいと話題に!

GACKT(ガクト)の英語力が話題に

GACKT(ガクト)さんの英語力は、とにかく発音がきれいで上手いと話題になっています!

GACKT(ガクト)さんの英語力が分かるこちらの動画を見てみましょう。↓↓

 

うわさ通り、GACKT(ガクト)さんの英語力はかなり高いですね…!

GACKT(ガクト)さんは、海外の俳優さんを前にしても余裕があり、英語での会話を楽しんでいるようにも見えます。

アサ子
アサ子
いったいGACKT(ガクト)さんはどのようにして英語を身に付けたのでしょう?

英語力の高いGACKT(ガクト)さんですが、そもそもGACKT(ガクト)さんは帰国子女でもなければ留学経験があるわけでもないのです。

なんと、GACKT(ガクト)さんの英語力は独学で身に付けられたものなのです!

アサ子
アサ子
さらに英語だけではなく他の言語も…!

GACKT(ガクト)は英語以外の語学も堪能!

実は、GACKT(ガクト)さんは英語以外にも、中国語・韓国語・フランス語が話せます。

アサ子
アサ子
なんと5か国語も!

SNSの声にもあるように、語学をはじめ、俳優や実業家などあらゆる分野で才能を発揮するGACKT(ガクト)さん。

現在GACKT(ガクト)さんは、マレーシアの都市・クアランプールに移住し、語学力と知名度を生かして、富裕層向けの不動産業を営んでいます。

このようにGACKT(ガクト)さんの語学力は、アーティスト活動や実業家としての仕事にも幅広く活用されています。

アサ子
アサ子
もはやGACKT(ガクト)さんにとって英語は日常ですね!

さらに、GACKT(ガクト)さんは英語力を生かし自身のYouTubeチャンネルで『英語ガク習塾』を開講しています!


GACKT(ガクト)が英語力を生かし『英語ガク習塾』を開講!

GACKT(ガクト)がYoutubeで『英語ガク習塾』を開講

GACKT(ガクト)さんは、自身のYouTubeチャンネルで「本気で英語の発音を極めたい人」に向けて『英語ガク習塾』を開講しました。

アサ子
アサ子
Youtubeでのオンライン授業ですね。

2020年4月29日には、「Lesson1」の動画が公開されています!

「Lesson1」の動画は1時間ほどあるのですが、

I’m sorry How’s that?

の1文のみを、アメリカ英語の発音の仕方や特徴など、とにかく丁寧に解説しています。

アサ子
アサ子
タイトルにもあるようにまさに「謝るのにもヒト苦労」ですね…!

この『英語ガク習塾』に関してGACKT(ガクト)さんは、

しっかりとこの動画で勉強した人は、必ずネイティブな発音で英語が話せるようになります。

と述べています。

アサ子
アサ子
英語を本気で学びたい人にはとても心強いですね!

GACKT(ガクト)の『英語ガク習塾』に関するSNSの声

GACKT(ガクト)さんの英語ガク習塾に関するSNSの声を見ていくと、、

GACKT(ガクト)さんの英語ガク習塾は、とにかく分かりやすいという声が多く上がっていました。

そして、分かりやすいだけではなく「面白いので楽しんで学べる」というメリットもあるようですね!

今や英語の講義まで行うGACKT(ガクト)さんですが、そもそも英語は独学で学んでいます。

GACKT(ガクト)さんは、いったいどのような英語勉強法でここまでの英語力をつけたのでしょう?


GACKT(ガクト)の英語力の秘訣は?英語勉強法まとめ

GACKT(ガクト)の英語勉強法①正しい発音

GACKT(ガクト)さんの英語勉強法その①は、正しい発音です。

GACKT(ガクト)さんは、英語力をつけるにはとにかく発音が大事だと考えています。

「自分で発音できるようになれば、聞き取ることもできる」

との考えから、発音にはこだわっています。

日本人は、発音よりも文法を重視する所がありますが、発音が正しくないと相手にも理解されにくいとか。

アサ子
アサ子
英語ガク習塾でもとにかく発音にこだわった講義が行われています!

GACKT(ガクト)の英語勉強法②リスニングよりもアウトプット

GACKT(ガクト)の英語勉強法その②は、リスニングよりもアウトプットです。

英語を習得するには、まずはリスニングが大切とよく聞きますよね。

しかしGACKT(ガクト)さんは、

「字幕の洋画をたくさん見ても英語力は上がらない。」

と述べています。

GACKT(ガクト)さん曰く、

「人は自分でしゃべることのできる単語だけを、耳でキャッチすることができる。」

とのことです。

アサ子
アサ子
つまり喋ることができない単語をただ聞いていても頭には入ってこないということでしょうか。

GACKT(ガクト)さんのお勧めの英語勉強法は、とにかく英語の本を声を出して音読するということ。

GACKT(ガクト)さんは普段から、独り言のようにぶつぶつと外国語の本を音読しているそうです!

GACKT(ガクト)の英語勉強法③単語の暗記は楽しんで!

GACKT(ガクト)さんの英語勉強法その③は、単語の暗記は楽しんで!です。

英語を習得する上で、英単語の暗記というのは結構大変ですよね。

GACKT(ガクト)さんは、単語も楽しんで覚えるようにしているそうです。

単語一つにも、必ず歴史があるのでそれを同時に覚えることで身に付きやすくなるということですね。


~まとめ~GACKT(ガクト)の英語力は本物!帰国子女じゃないのに発音がネイティブと話題に

今日は、GACKT(ガクト)さんの英語力に注目しました。

アサ子
アサ子
世界で活躍するガクトさんだけあり、素晴らしい英語力でしたね!

普段から何ごともストイックに取り組み、自分を律しているGACKT(ガクト)さんだからこそ、ここまでの英語力を身に付けることができたのかも知れません。

今後、GACKT(ガクト)さんの『英語ガク習塾』では、一体どのくらいの人が英語を喋れるようになるのか?こちらも非常に楽しみです!