アイドル・タレント

山口真由が小室圭さんをシンデレラボーイと斬った記事に世間が納得

シンデレラ


弁護士山口真由さんが小室圭さんについて書いたある記事が「2018年で一番読まれた記事」だったと話題になっています。

その記事のなかでは、ハイスペック女子の弁護士山口真由さん小室圭さんシンデレラボーイとぶった斬っているとのこと。

アサ子
アサ子
どんな内容だったのかちょっと気になりますよね。

今日は、世間で話題になった山口真由さんの小室圭さんに関する記事に注目してみたいと思います。


ハイスペックすぎる山口真由のプロフィール

山口真由

まずは簡単に、山口真由さんのプロフィールをご紹介します。

2002年 東京大学教養学部文科Ⅰ類(法学部)入学。
2006年4月 財務省に入省し、主税局に配属。
主に国際課税を含む租税政策に従事。
2008年 財務省を退官。
2009年~2015年 弁護士として大手法律事務所に勤務。
2016年 ハーバード大学ロースクール(法科大学院)を卒業。
2017年 東京大学大学院 博士課程 法学政治学研究科 
総合法政専攻に在籍。
アサ子
アサ子
山口真由さんの経歴がハイスペックすぎる!

小室圭さんがアメリカに留学してからというもの、ニューヨーク州アメリカの弁護士としての経歴を持つ山口真由さんがアメリカの弁護士資格に挑戦する小室圭さんに関して、ワイドショー番組でコメントする姿を見る機会が急増しました。

山口真由さんのコメントは、「説得力がある!」と世間でも話題になってきましたが、
多くの支持を得たのは、山口真由さんが小室圭さんに関して書いた、2018年7月9日幻冬社掲載記事です。


2018年幻冬社PV数一位は、山口真由の小室圭さんに関する記事

2018年に幻冬社で最も読まれた記事は、山口真由さんの小室圭さんに関する記事シンデレラボーイ小室圭氏のはじめの一歩でした。

山口真由が小室圭さんについて書いた記事の内容は?

山口真由引用元:琵琶湖大津経済新聞

山口真由さんは記事の中で、「シンデレラというのは、継母にコキを使われて美しい舞踏会に出ることもできず、

こんな生活、私にはふさわしくないわ

このような思いを持っていたはずだ」と言います。

そして、山口真由さん曰く、このシンデレラの感情は、小室圭さんにも通じるものがあるのではないかと言うのです。

若くに父を失くした小室圭さんは、決して経済的に余裕があったわけではないのに、インターナショナルスクールに通い、

帝国ホテルでは母の婚約者に買ってもらった5万円の靴を履いてポージングを取る。

小室圭

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54641?page=3

銀行勤務時代に、仕事で思うような成果を出せなかった小室圭さんは、
“本当の自分はこうではない”とトイレの鏡の前で強く思っていたはずだ。

その心理は、王子様というよりも、どこか不満気なシンデレラである。

このように記事の中で、山口真由さんは小室圭さんのことを冷静に斬っているのです。

シンデレラ

記事の最後では、このように締めくくっています。

どうやら、彼のシンデレラパワーは、当初の私の想定を超えているようだ。

眞子様との婚約を引き寄せたばかりか、プリンセスの婚約者という地位を最大限に利用してアメリカのロースクールに特別扱いで通えるというタナボタ。

破壊力抜群の他力本願ボーイに自分の力で一歩踏み出してほしいなんて、庶民のいじましい願いはもうやめよう。彼にはこのまま突っ走ってほしい。


山口真由の小室圭さんに関する記事への世間の反応

こんな風に小室圭さんについて「シンデレラボーイ」と書けるのは、アメリカニューヨーク州弁護士の山口真由さんしかいないかもしれません。

この記事に関して、世間からはこのようなコメントが飛び交っています。



まとめ

山口真由さんの小室圭さんに関する記事、“シンデレラボーイ小室圭氏のはじめの一歩”に関して、説得力のある山口真由さんの切り口に世間からも納得の声が上がっています。

アサ子
アサ子
小室圭さんを王子様ではなく、シンデレラと斬るなんて、山口真由さんらしいですよね。

今後も、山口真由さん節には注目していきたいものです。

関連記事はこちら:
【一般参賀】駅からのアクセスは?混雑回避のお勧めの行き方はこれ!
「小室圭さん破談の可能性は?慰謝料は億超え?過去の破談事例から検証」
「小室圭さん留学継続!奨学金はなぜ?働かずに生活費が支給される理由」