未分類

「令和」の海外の反応は?元号の意味を誤解させた一枚のFAXとは?

令和


2019年4月1日に新元号「令和」が発表されました。

皇位継承前の新元号公表ということで、日本だけでなく海外でも新元号「令和」に注目が集まりましたが、
なかには、意味を誤解をしてしまった海外メディアも多数あったようです。

そこで今日は、新元号「令和」に対する海外の反応誤解を招いた原因について注目していきたいと思います。


新元号「令和」の本来の意味

令和FNNPRIME

新元号「令和」は、日本最古の歌集万葉集」から採用され、「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られました。

中国古典でなく日本の古典から採用されたということが話題になりましたが、令和の意味にも注目が集まりました。

安倍首相によれば、令和の意味はこのように説明されています。

令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている



海外メディアの反応は?意味を誤解している?

報道、メディア

新元号「令和」については、海外メディアは興味がないのではないか、という噂もありましたが、蓋を開けてみると、新元号「令和」の発表がBCCニュースではトップニュースとして報じられており、海外からも大きな注目を集めました。

それでは、早速、海外メディアの反応を見ていきたいと思います!

英ガーディアン紙

メディア

英ガーディアン紙は、新元号「令和」をdecree(政令)』『peace(平和)』と訳しています。


また、新元号「令和」に対する反応としては、

“TV commentators struggled to offer a direct translation”
「テレビコメンターたちは訳をするのに苦労していた」

というコメントを残し、「令和」の英訳の難しさを伝えています。

難しい

フランスのAFP通信

フランスのAFP通信は、令和の意味について、

・令は、『order(秩序)』や、『auspicious(さい先がよい、吉兆の、など)』のような意味
・和は、『peace(平和)』や、『harmony(調和)』などと翻訳されることが多い

と報じています。

また、「天皇の退位にともなって迎える新しい時代の名称は『令和』になった」と今回の元号の特別な意味合いも伝えています。

米紙ウォールストリートジャーナル

米紙ウォールストリートジャーナルは、令和の意味についてこのように報じました。

令は、auspicious(縁起が良い)
和は、peace(平和)

米ブルームバーグ通信

米ブルームバーグ通信は令和の意味について、訳の見解が別れたようで、

『order(秩序)』 『peace(平和)』という訳か、もしくは harmony(調和)という訳になると伝えています。

海外メディアの反応まとめ

テレビ、 声

上記の海外メディアの反応をまとめてみると、「和」という言葉につていは「平和」と訳していますが、「令」という言葉については、縁起が良いという訳の他にも、命令・秩序という訳も飛び交っており、混乱が起きています。

また、訳をするのがとても大変といった率直な反応もありました。

このような海外メディアの反応をうけた日本政府は、慌てて「beautiful harmony(美しい調和)」という発表をしていますが、なぜこのような混乱が起きたのでしょうか。

海外メディアが「令和」の意味を誤解した原因を探ってみると、さまざまな原因が浮かび上がってきました。

海外メディアが令和を誤解した理由とは?

タイプライター

日本政府から海外メディアへの新元号通知のFAXに問題あり?

オーストラリア放送協会の記者であるJake Sturmer氏が、日本政府が新元号を通知したFAXをツイッターにて公開しています。


Jake Sturmer氏の “yes,fax” というコメントからは、「ファックスなんだよ!この時代にw」というようなニュアンスが伝わってきますね。笑

続けてJake Sturmer氏は「日本政府からのFAXには「令和」の意味について何も触れられていない」と言っています。

2019年4月1日に令和が発表されるとすぐに、外務省が政府の承認国195カ国と国際機関に「新元号が令和に決定した旨」を上記のFAXで通知したのですが、肝心な令和の意味について触れていなかったということですね。

またある海外メディアの記者は、意味の説明がなかっただけでなく、元号発表についての「英訳資料」が何もついていなかった」という不満を漏らしていたようです。

海外メディアの反応を見てみると、「訳が難しい」「意味がわからない」といった、各メディアの混乱がよくわかります。

発表された日は、エイプリルフールだったから

エイプリルフール

令和が発表された日は、4月1日。

つまり、エイプリルフールだったため、海外メディアからすると、「令和」の元号発表は冗談なのではないかという憶測もあったようです。

海外ではエイプリルフールは世界的なイベントとして扱われており、企業もエイプリルフール用の広告を出したりするため、信憑性を確かめるのも苦労したようですね。

まとめ

新元号「令和」に関する海外の反応を見てみると、誤解を招いていたということがわかり、その原因は、日本政府の発表の仕方に大きく起因していたようです。

海外メディアは、日本文化に興味を持っていることもあり、一つ一つの漢字の意味合いについて意外に興味を持っていたので、今後は日本の漢字の意味については丁寧に伝える必要がありそうですね。