アイドル・タレント

土屋太鳳の話し方が変わった?野村祐希が誤解させ謝罪?後遺症の影響も

土屋太鳳, 嫌い, 嫌われる理由


土屋太鳳さんと言えば、NHK連続テレビドラマに出演して以来、清純派女優として大活躍されていますが、、、
視聴者からは、土屋太鳳さんの話し方が変わった?と話題になっています。

アサ子
アサ子
土屋太鳳さんの話し方には、賛否両論あり、ぶりっ子という声も上がっています…

今日は土屋太鳳さんの話し方について見ていきたいと思います。


土屋太鳳の話し方に関するSNSの声

まず、土屋太鳳さんの話し方に関するSNSの声を拾ってみると、、

 

アサ子
アサ子
土屋太鳳さんの話し方にイライラしてしまっている人がいますね…


土屋太鳳の話し方がイライラする?幼馴染が暴露?

ここからは、土屋太鳳さんの話し方が話題になったエピソードについて、見てみたいと思います。

土屋太鳳さんは、「行列のできる相談所」に出演した際、俳優の野村祐希さんと共演しましたが、土屋太鳳さんと野村祐希さんは、なんと幼なじみだったということ!

アサ子
アサ子
土屋太鳳さんと野村祐希さんは、幼稚園と小学校が同じで、土屋太鳳さんが野村祐希さんに相撲で負けて、悔しくて泣いたというエピソードもあるそうです。

この時、野村祐希さんが土屋太鳳さんに対して、「えっ!? どうしたの? その話し方どうした?」と、普段の土屋太鳳さんとあまりにも違うことを暴露してしまいました。

これを受けて、やはり土屋太鳳さんの話し方はわざとぶりっ子にしているのではないか、という声がSNSで殺到してしまったため、野村祐希さんは、後日、このように謝罪しています。

僕の発言で太鳳がキャラを作ってる、と捉えてる方がいるんですけど、あれは高校生になってから小学校ぶりに会って話した時に『あの太鳳が大人になってる!』とびっくりしたわけでありまして、キャラを作ってるということを言ったわけではないのです。

誤解をさせてしまってすみません(´-`)


土屋太鳳の話し方が舌足らずなのは、ある理由があった…

確かに、土屋太鳳さんの声や話し方って可愛らしくて、人によっては「ぶりっ子!」と思う方もいるかもしれないのですが、土屋太鳳さんが舌足らずなのにはある理由があることがわかりました。

土屋太鳳さんは芸能界に入った当初、

滑舌が悪く、セリフがうまく言えない…。

といった深刻な悩みを抱えていたようです。

土屋太鳳さんは、すぐに原因を特定できずに苦しい時期を送っていましたが、病院に行って、診断をしてもらったところ、舌小帯が短いということがわかったようです。

舌小帯とは、「舌の裏側の真ん中で口の底に向かっているヒダ」のことを指します。

土屋太鳳, 嫌い, 嫌われる理由

このヒダが短いと、タ行やラ行の発音しにくい状態になり、滑舌がどうしても悪くなってしまうのだそうです。

土屋太鳳さんは、16歳の時に手術を決意し、「今そのおかげで、本当にしゃべりやすくなって、声も変わって」と話していますが、やはり後遺症が残ってしまっているとのこと。

アサ子
アサ子
土屋太鳳さん、手術を決意されるまで相当悩まれたのではないでしょうか…

土屋太鳳さんは公式ブログで、自分の話し方についてこのようなコメントを残しています。

私はもともとちょっと変わった声をしているので、発声の癖をつけないようにするためです。声は小さい頃から、背と同じくらいコンプレックスですが、自分の声を見つけるまではあきらめず頑張っていこうと思ってます。

土屋太鳳さんの話し方が舌足らずに感じてしまう点については、このような理由があったのですね。


まとめ

土屋太鳳さんの話し方がぶりっ子と言われてしまう理由を検証してみると、純粋に優等生なので、おそらく悪気はなく、特に女性の反感を買ってしまっているのだろうということがわかりました。

また、後遺症を抱えていることから、この点については、視聴者の理解も必要かもしれません。。

土屋太鳳さんは、NHK朝ドラでヒロインを演じてから、明るいいい子のキャラクターが定着していますが、そろそろいい子の殻を破っていく時期?なのかもしれませんね。

アサ子
アサ子
嫌われるというのは、それだけ注目されているということでもありますからね…これから土屋太鳳さんには優等生以外のキャラも見せてほしいと思います。

関連記事はこちら: