アイドル・タレント

大変だ!ウエンツ瑛士の英語がペラペラに?留学前の英語力と比較してみた

ウエンツ瑛士, 英語, 英語力, 留学


2018年10月からロンドン留学していたウエンツ瑛士さんが、1年半ぶりに帰国しました。

ウエンツ瑛士さんと言えば、ハーフですが英語が全く話せないということでも有名でした。

そんなウエンツ瑛士さんですが、帰国後、英語がペラペラになっていたのです!

わずか1年半の留学で、ウエンツ瑛士さんは、なぜここまで英語を話せるようになったのでしょうか?

アサ子
アサ子
実は、ウエンツ瑛士さんは、ある夢のためにロンドン留学していました。

今日は、ウエンツ瑛士さんの英語力に注目したいと思います!



ウエンツ瑛士が留学から帰国!英語がペラペラになった?

2020年3月上旬、ウエンツ瑛士さんはロンドン留学から帰国しました。

ウエンツ瑛士さんは、2018年10月から芸能活動を休止してロンドンへ留学、約1年半ぶりの帰国でした。

ウエンツ瑛士さんの帰国に関しては、歓迎の声が多数!

英語は喋れるようになった?

という声も多く上がっています。

ウエンツ瑛士さんは、お顔立ちを見てもハーフというのは一目瞭然なのですが、実はこのルックスで英語が全く話せなかったのです。

アサ子
アサ子
まさかの…!

ドイツ系アメリカ人の父親と、日本人の母親の間に生まれたウエンツ瑛士さん。

実は、ウエンツ瑛士さんのご家族は、父・母・兄と、全員が英語を喋れるのです!

ウエンツ瑛士さんのお兄さんは、英会話スクールや、アメリカの大学にも留学経験があるとのこと。

ウエンツ瑛士さんのご家族全員が英語を喋れるということは、おそらく家庭内でも英語が飛びかっていたと思われますが、なぜウエンツ瑛士さんだけ…。

そんなウエンツ瑛士さんの英語力は、ネタにもなるくらいひどいものだったとか。

アサ子
アサ子
いったい、どのくらいの英語力だったのでしょう?


ウエンツ瑛士の留学前の英語力はもはやネタだった?

ウエンツ瑛士, 英語, 英語力, 留学

ウエンツ瑛士さん自身も、英語が話せない、ということをネタにしているところもあり、

英語を話せる遺伝子がどこにあるのかわからない

と、自虐的に語っていました。

ウエンツ瑛士さんが英語を話せないエピソードとしては、

2017年9月2日、映画『禅と骨』の舞台挨拶で、日系アメリカ人を演じたウエンツ瑛士さんは、共演者でオーストラリア出身のチャド・マレーンさんから、

こんなにウエンツさんが英語ができへんとは…

と苦笑いされる一幕も。

実際にウエンツ瑛士さんが、番組で披露した英語力を見てみましょう。

うーーーん!ウエンツ瑛士さんの英語、これはひどいですね~。

アサ子
アサ子
妙にスタッカートがきいていて、英語に聞こえないw

留学前のウエンツ瑛士さんの英語力は、かなりひどいと感じますが、留学後のウエンツ瑛士さんの英語はどのように変化しているでしょうか?


ウエンツ瑛士の留学後の英語力がすごいことに…!

【動画あり】ウエンツ瑛士の英語力がすごい!

ウエンツ瑛士, 英語, 英語力, 留学

ウエンツ瑛士さんは、帰国する直前の2019年12月に、日本とロンドンの中継で『火曜サプライズ』に登場しています。

番組MCのヒロミさんに、

英語は喋れるようになったのか?

と聞かれると、

パードゥン

と一言のみ…。

何だ、、全然変わってないじゃん…。

と誰もが思ったはず。

しかし、2020年3月10日放送の『火曜サプライズ』に、再度出演したウエンツ瑛士さんに驚愕…!

番組では、MCのヒロミさんが、ロンドン留学しているウエンツ瑛士さんを訪問します。

そこで、レストランに交渉するウエンツ瑛士さん。

これは驚きですーー!!

ウエンツ瑛士さんは、ペッラペラの英語で見事、交渉にも成功!

しかし、ウエンツ瑛士さん、1年半の留学でここまで流暢に英語を喋れるようになるって、すごくないですか?

アサ子
アサ子
英語の発音が本格的すぎる…!

ウエンツ瑛士さんの英語を聞いた視聴者からは大きな反響がありました。

ウエンツ瑛士の英語力に関するSNSの声

ウエンツ瑛士さんの英語力に関するSNSの声を見ていくと、、

ウエンツ瑛士が英語を喋っている…!

ということで感動した人も多くいますね。

外国に何年も住んでいても英語を喋れない人が多くいる中、

たった1年半であんなに流暢に英語を話せるようになるのは、やはり本人の努力がなければできないという声も。

ウエンツ瑛士さんは、留学の1年半で相当な努力を重ねたことがうかがえます。

しかし、ウエンツ瑛士さんがロンドンへ留学したきっかけとは、何だったのでしょう?


ウエンツ瑛士が留学した理由は英語だけ?

ウエンツ瑛士さんが、ロンドン留学したのは、ロンドンのウエストエンドの舞台に立ちたいという夢があり、演技の勉強をするためでした。

アサ子
アサ子
ウエストエンドとは、ロンドンの有名な劇場街ですね。

ウエンツ瑛士さんが、ウエストエンドの舞台に立ちたいという夢を持つきっかけになったのは、2014年に出演したミュージカル『天才執事シーヴス』です。

初めてミュージカルに出演したウエンツ瑛士さんは、ここから、舞台劇・ミュージカルに興味を持つようになりました。

2019年12月、朝日新聞は、ロンドン留学しているウエンツ瑛士さんを取材しています。

ウエンツ瑛士さんは、ロンドン留学の経験をこのように語りました。

留学直前は単語を覚えるくらいの勉強程度で、本当に英語ができなかったので、ロンドンでは演劇のレッスンに通うかたわら、語学学校にも通いました。

3カ月ほどはまともに会話もできなくて、まして英国の冬は日が短くて毎日太陽を浴びられなかったこともあって、一時はうつのようになってしまった。

引用:朝日新聞デジタル(2019年12月)

ウエンツ瑛士さんは、ロンドン留学がスタートしたばかりの頃は、英語ができないということで、相当苦労をしたようですね。

いつも明るいウエンツ瑛士さんがウツになりかけたというのですから、余程大変だったのだと思います。

そんなウエンツ瑛士さん、留学の最後の方ではミュージカルのオーディションを受けたり、チケットは売らない形で(ビザがないため)舞台にも立ったそうです!

アサ子
アサ子
今後も日本とロンドンでの活動を考えているとか。


〜まとめ〜ウエンツ瑛士の英語がペラペラに?留学前の英語力と比較

ウエンツ瑛士, 英語, 英語力, 留学

今日は、ロンドン留学から帰国したウエンツ瑛士さんの英語力に注目しました!

ロンドン留学から帰ってきたウエンツ瑛士さんは、驚くほど英語がペラペラになっていました!

そもそも、ウエンツ瑛士さんがロンドン留学したのは、語学留学ではなく、本場のミュージカルの舞台に立ちたいという夢があったからです。

ウエンツ瑛士さんは、この強い思いがあったからこそ、1年半という短い期間でここまでの英語力を身に付けることができたのではないでしょうか。

アサ子
アサ子
今後英語を使った仕事も増えるかもしれませんね。