朝ドラ

NHK高瀬アナが笑いすぎwランドセルが似合う?面白エピソードまとめ

笑いすぎ


『NHKニュースおはよう日本』でメインキャスターの高瀬耕造アナウンサーは、視聴者から大人気ですが、「これは笑いすぎ!」という声がSNS上で上がっています。

今日は、高瀬耕造アナウンサーの笑いすぎ?なエピソードをご紹介したいと思います。


高瀬アナ笑いすぎ!で話題になった5分ニュースとは?

高瀬アナは、兵庫県出身のNHKアナウンサーで、2014年上半期(1-6月期)のテレビ番組の出演本数ランキングでは一位に輝くほどの活躍ぶりです。

そんな高瀬アナですが、2016年の年末の『第67回NHK紅白歌合戦』の5分ニュースでは、高瀬アナの笑いをこらえる表情に注目が集まり、ネットを賑わせました。

その動画がこちらです。

ピコ太郎さんが突然、新曲を歌い出してしまい、「ポンポコリンポンペンポンパン!」と発したところで、画面が高瀬アナに切り変わりました。

高瀬アナ, 朝ドラ, 笑いすぎ引用元:にんじ報告

笑いを必死にこらえてからニュースを冷静に読み始めた高瀬アナの姿に、視聴者からはこんな声が相次ぎました。

年末これが一番面白かったかも。

 

笑いをこらえて気持ちを落ち着かせてる様子がよくわかる、年間最大視聴率をたった5分で叩き出した高瀬アナ。永久保存版にしたいよ。

 

ピコ太郎の新曲「ポンポコリンポンペン」からいきなりカメラを振られ、笑みをこらえて 瞬時に真顔を作る高瀬アナ。よく頑張りました。

 

この瞬間見てたわ。 あの切り替えで笑わないアナウンサーすげぇ!って思った

 

高瀬アナ、よくぞ耐えた!

 

ピコ太郎さんの新ネタの披露の後、ニュースを読み始める高瀬アナが明らかに笑いをこらえているのがわかります。

そしてなんと、この時の高瀬アナの5分間ニュースは、NHK紅白歌合戦の瞬間最高視聴率を上回りました!

【5分間ニュースの瞬間視聴率】

関東地区41.3%
関西地区41.8%

【2017年1月4日発表の『紅白歌合戦後半』の視聴率】

関東地区40.2%
関西地区39.5%

5分間ニュースの瞬間視聴率が『紅白歌合戦後半』の視聴率を上回っていますね。

高瀬アナのこの表情に視聴者も惹きつけられてしまったようですね!


まだある!高瀬アナの笑いすぎエピソード

笑いすぎ

そんな高瀬アナですが、この他にも笑いすぎで話題になったことがあります。

高瀬アナは、『NHKニュースおはよう日本』を担当する前、13時からの『正午ニュース』を担当していました。

正午ニュースの前には、12時45分からの朝ドラの再放送がされており、朝ドラを受けた高瀬アナの表情がまた、「笑いをこらえている?」と注目を浴びていたのです。笑

このように、毎日の高瀬アナの顔の表情に注目をしている視聴者もいます。↓

高瀬アナ, 朝ドラ引用元:NAVERまとめ

 

実際に高瀬アナは、このように自身の朝ドラ受けについて触れています。

笑いをこらえたり、時には、グッと来るような朝ドラのウケですとか、この1年間の5時台の軽妙とはいえない凸凹なやり取りを通して視聴者の皆さんと繋がっているんだと実感した次第です。

高瀬アナの飾らないキャラクターも視聴者からの人気の要因のひとつとなっているようですね。

高瀬アナは笑いすぎてしまうお茶目なキャラクター!

注目

高瀬アナの笑いすぎエピソードからもわかるように、高瀬アナはとてもお茶目なキャラクターのようです。

赤いランドセルを背負ってみる高瀬アナ

2018年10月15日に放送されたNHK「おはよう日本」では、「子供たちのランドセルが重い」という問題を取り上げていたのですが、
高瀬アナは、赤いランドセルを背負う姿を見せており、ネット上からは、「かわいい!」の声が続出しました。

高瀬アナ, NHK

クリスマスなのになぜか暗い絵を書く高瀬アナ

NHK広報局が高瀬アナにクリスマスのイラスト描きを依頼したときのことです。

「絵を描くなんて、中学校の美術の授業以来ですね〜」と高瀬アナが絵を書き出したのですが、

高瀬アナ, NHK 高瀬アナ, NHK

「あのー、なんか絵が暗いんですけど…クリスマスなんですけど…ケーキもなんだか変…」

「高瀬アナの絵がなんだか暗い!笑」と話題になりましたが、ネット上からは、「やっぱり高瀬アナ好き!」といったコメントも続出しました。

まとめ

高瀬アナは、番組を休んだときには、「そろそろロスってきた」「今日から高瀬アナが見られると思ったのに…」といった高瀬アナロスの声が相次ぐほど、視聴者から人気があります。

その理由は、高瀬アナのお茶目なキャラクターが要因と言えそうですね。

今後も、高瀬アナの笑顔を楽しみにしていきたいと思います。